映画評

本当は見たくなかった映画「誰も知らない」

母一人と父親が違う四人の子供。 お母さんは恋多き女。新しい彼氏を作ってわずかな生活費を置いて、家を出てしまう。さぁ、子供だけでの生活が始まる。という話。 本当は見たくない。観ないほうが幸せ。そんな映画。だけど映画の中だけではなく、現実社会に…