目次だけでも読んでいって下さい

読書は孤独です。同じ本を読んだ人はコメントくれると嬉しいです。

そのスマホゲームやめて起業してみませんか? 『会社を辞めずに朝晩30分からはじめる起業』書評・目次・感想・評価

【Q1】どんな人に薦めたい?

 スマホゲームをやっているけど、ふと非生産的だなぁとむなしくなる瞬間がある人。

 サラリーマンをやっているけど、先が見えてつまらなくなってきている人

 帰ってもやることがないからサービス残業している人

【Q2】読みやすい?

 著者・新井一さんは何冊も起業関係の本を出版されているので、さすが読みやすい一冊になっています。

【Q3】何度も読みたい?

 起業して、やがて会社を辞められるところまでがゴールなので、ゴールのまではいつでも読めるようにそばにおいておきたいですね。

【Q4】立ち読みするならどこ?

「第3章 「起業」をするなら知っておきたい高打率の秘密」です。小さく始めて大きく育てる。ここで起業するにあたっての方向性を考えられます。

【Q5】この本の弱みは?

 具体的な踏み込みが弱いところです。成功事例が各章のコラムなどに出ていますが、もっと欲しいというのが正直なところです。

【Q6】この本の強みは?

 小心者用の起業本であるということです。始めるからといってまず銀行にもサラ金にも行かなくていいですし、何より朝晩30分から始められるので時間的投資も少なく始められます。試してみるかなと思えるところが最大の強みです。

【『会社を辞めずに朝晩30分からはじめる起業』目次】 

 
第1章 「起業」を阻むドリームキラーたち
第2章 「起業」するならこれをしてはだめ
第3章 「起業」をするなら知っておきたい高打率の秘密
第4章 副業から気軽に始める超簡単スタートアップ術
第5章「起業」から「独立」へ 夢を実現する次のステップ
 

会社を辞めずに朝晩30分からはじめる起業 個人的イメージ

会社を辞めずに朝晩30分からはじめる起業 個人的イメージ

 

 

スマホ起業!

スマホ起業!

 

  

リスクゼロで小さく起業 会社を辞めずに「あと5万円! 」稼ぐ

リスクゼロで小さく起業 会社を辞めずに「あと5万円! 」稼ぐ

 

 

会社を辞めずに朝晩30分からはじめる起業 (アスカビジネス)

会社を辞めずに朝晩30分からはじめる起業 (アスカビジネス)

 

  

【『会社を辞めずに朝晩30分からはじめる起業』極個人的読書メモ】

 

第1章 「起業」を阻むドリームキラーたち
 
 起業しようとするとそれを阻止しようとしてくるものがいる。それはあなたの友人かも知れないしかぞくかも知れないし、あなた自身の考え方かも知れない。
 副業として自分の技能を切り売りしてはいけない。
 仕組みに組み込まれるのではなく、仕組みを作り運用する側にならなくてはいけない。
 何より自分が楽しめない仕事は続かない。
 
フリーランスでも下請けになってはいけないというのはよくわかるフリーランスは労基が守ってくれない分、サラリーマンより厳しいところがあるからね!
 
第2章 「起業」するならこれをしてはだめ
 
 副業禁止の会社なら、例え信頼している人でも話してはいけない。人の口に戸は立てられない。
 会社をやめてはならない。最低でもサラリーマン収入と同等の収入が得られるようになるまで。家族がいる場合はもっとずっと厳しく。
 基本はひとりで雇っても2人までそれ以上はマネジメントが難しい
 見栄で大きな出費をしてはいけない。
 入り口と出口を決めておく。まず、いくらまで使うのか?どうなったら撤退するのか?
 
!なかなか戦略的です。ただ、この条件だとインターネットでのビジネスに限定されそうですね!
 
第3章 「起業」をするなら知っておきたい高打率の秘密
 
 自分の経験を売る先生業が一番オススメ。
 また、自分の経験、子供の頃から得意やことは強み。
 自分の棚卸として紙に書き出しみよう。パソコンに書き出すより紙。
 インプットや資格取得に走って結局、そればっかり追ったり、転職して終わりの人もいる。
 やることリストとやらないことリストを作るべし。
 やらないことは暇つぶしのゲームとか。まんがとか。
 
!インプットは一定は続けていかないといけないとおもう。そればかりで先に進めないのは考えものだと思うけれど!
 
第4章 副業から気軽に始める超簡単スタートアップ術
 
 大きな夢は大きな夢のままだとスタートしない。
 それを小さくしたりインターネットを利用したビジネスに転換する
 自分の体験を100分割して1〜20までを無料で提供。21〜40まではいくら。41から60はもうちょっとお高く、と少しずつ高くする。
 安いお試し商品とフロー型の商品、客単価を上げるためのサイドメニュー的商品。継続的に売り続ける定期購読的商品が必要。動画もあり。
 自分の夢のための作業はしっかり優先しないと日々の暮らしの中に埋没してしまう。
 
!自分の経験を100分割するってのは面白い。一日30分ビジネス面白そうやん!
 
第5章「起業」から「独立」へ 夢を実現する次のステップ
 
 会社にばれたくなけらば赤字申告はするな。住民税は特別申告ではなく普通申告にしろ。チェックリストが全部OKになってから会社を辞めよう。
 
!起業して会社を辞めるって遠い道のりだなぁとつくづく思う。まぁ、ぼくはそもそも就職してないからいいけど、よくないか!
 
82点 1時間
 
小心者が小心者のまま起業できる参考書