2章 考え方編04 国民年金額(6万5000円)で生活する理由

 あなたが大好きなことは何ですか?あなたが一日中やっていても飽きないことは何ですか?あなたにとってそれを一日中やっていられたら幸せなことは何ですか?

 

 それがあるひとは幸せです。あなたは一日中それをやるべきなのです。

 

 そのためのベーシックインカム的生活です。毎月、国民年金額の6万5000円だけ稼ぎ、その範囲内で生活し、残りの時間をやりたい事をやって過ごす。人生の大半をやりたい事をやって過ごすのです。

 

 お金持ちになるのは簡単ではありません。しかし、時間持ちになるのは誰でもできることなのです。

 

 もしかしたらやりたい事を続けることで国民年金額6万5000円を稼ぎだせるようになるかも知れません。そうなればあなたはもう労働からは解放され、やりたい事だけやって暮らせます。

 

 もしもやりたい事がわからないのであれば、それはそれで国民年金額で生活しながら、いろいろと体験してみるのがいいでしょう。

 

 国民年金額を稼ぐアルバイトも固定せず転々としてみてはどうでしょう?

 

 レストランで働けば料理の楽しさに目覚めるかも知れませんし、自転車屋さんで働けば自分で自転車屋さんをやってみたくなるかもしれませんし、自転車を作ってみたくなるかも知れません。

 

 アルバイトだけではなく、やりたい事が見つかるまでとにかくいろいろやってみる。これだと思っても違ったらまた探せばいいだけのことです。

 

 人生は一度きりです。せっかく生まれたからにはやりたい事を見つけて、やりたい事をやって幸せに暮らしてみたいと思いませんか?