『世界しあわせ紀行』書評・目次・感想・評価

世界しあわせ紀行 (ハヤカワ・ノンフクション文庫)

 

世界しあわせ紀行 (ハヤカワ・ノンフクション文庫)

世界しあわせ紀行 (ハヤカワ・ノンフクション文庫)

 

    文庫: 544ページ

  • 出版社: 早川書房 (2016/6/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4150504660
  • ISBN-13: 978-4150504663
  • 発売日: 2016/6/9

【目次】

はじめに
一章 オランダー幸せは数値
二章 スイスー幸せは退屈
三章 ブータンー幸せは国是
四章 カタールー幸せは当たりくじ
五章 アイスランドー幸せは失敗
六章 モルドバー幸せは別の場所に
七章 タイー幸せとは何も考えないこと
八章 イギリスー幸せは未完成
九章 インドー幸せは矛盾する
十章  アメリカー幸せは安住の地に
 
エピローグー幸せは見つかったのか?
謝辞
訳者あとがき

 評価98点

 この本を読んでも結局は幸せとは何なのかわかるわけではありません。

 だもそこがこの本の良いところであり、価値だと思うのです。

 自己啓発書によくあるのは「わかる」「実は簡単」「実は単純」「気づかないほうがおかしい」というような何とかができれば幸せになれるとか、成功できるとか。

 でも人生も人間もそんなに単純ではありません。この本を読むと世界中の幸せの色々な形を著者と一緒に見て回ることができます。

 そして世界の豊かさを人の多様性を感じて、幸せなんて単純なものではないと思い知らされます。

 そして自分なりの幸せを考えされられるのです。そして自分が「幸せでもあり、不幸でもあるね」と思えるのです。

 答えが出なくても著者と幸せを見て回る旅はとても豊かなものです。

 つくづく、良い本というのは世界が実はもっと複雑で豊かなんだと教えてくれる本で、決して「人は〇〇が9割」とか「〇〇とは付き合うな」とか世の中を断定して、読む人の世界を単純で貧しくするタイプの本ではないのだなと感じました。

【著者の他の作品】

 

世界天才紀行――ソクラテスからスティーブ・ジョブズまで

世界天才紀行――ソクラテスからスティーブ・ジョブズまで