申告漏れの徳井さんは本当にここまで糾弾される必要があるのか?

「罪を犯す人には2種類存在する、ひとつは悪い人間ともうひとつは弱い人間だ」(うじむし)

 

 最も社会に害を与える犯罪者とは、どんな犯罪者でしょうか?

 

 まず犯罪の規模が大きいこと、一人殺した人より、十人殺した人の方が害は大きいし、10万円横領するよりも、10億横領した人の方が害が大きい。

 

 いろいろ他にも条件はあるでしょうが、基本的には妥当なところではないでしょうか?

 

 そして、罪が裁かれないことも、社会に対する害が大きい。さらに言えば、罪が発覚したのに、裁かれなければ、その手法を真似る者が増えるのだから、社会に対する害はさらに大きいものになるでしょう。

 

 その点で、今回の徳井さんの申告漏れについて、考えてみたい。まず、マスコミは悪質な脱税と同義だという論調が多いが賛成できない。 

www.sponichi.co.jp

 彼は所得隠しのような手法はほとんど使っていない。3年間申告をしなかっただけだ。さらにはその3年前にも、同じように申告漏れの指摘を受けて追徴課税を払っている。

headlines.yahoo.co.jp

 つまり、後々大変なことになると分かっていながら、対応できなかった、つまり彼はは悪い人間というより弱い人間なのだ。

 

 結果的には彼は追徴課税と延滞税を払って、通常より多くの税を支払っている。さらに通常なら認められるだろう経費も、査察に入られれば認めて貰えなかった部分も多かっただろう。つまり国としてみれば、3年に一度、査察を受け入れ、より多くの税を国庫に納めてくれた良き納税者という見方もできる。

 

 しかも、その納税は逃れようという小細工もなかった。おそらく税務署の職員の人件費は余計にかかったかもしれないが、それ以上の余分な税収を得られただろうし、有名人である彼に査察が入ることで、国税は逃れえないのだという社会に対するアピールもできた。

 

 つまり国家財政としてはメリットしか無かったと言える。

 

 しかし、なぜ徳井さんはいずれ取られるとわかっていながら、税金を申告しなかったのだろうか?

 

 ノーベル賞受賞者ダニエル・カーネマンの研究に「人間は利益を得る喜びよりも、2倍以上損をすることに苦痛を感じる」というものがある。人は100円儲かる幸せよりも、100円損する不幸の方がずっと強いのだ。
business.nikkei.com

 徳井さんは一般的な人と比べても、特に損をしたくないという感情が強いタイプの人だったのではないだろうか。(かと言って細かな節税をするほどマメではなく、巧妙な脱税に手を染めるほどの悪人でもない)

 

 基本、日本では自営業者の税は自己申告になっている。つまり徳井さんにとっては年に一回、自分で税額を計算し、納税するという行為は、自分で自分の爪を剥がして持ってこいと言われているようなものだったのかも、知れない。

 

 それならば、恐怖に怯えつつも、納税をせず放置して、3年後、向こうから役人がやってきて有無を言わせず爪を剥がして持って行ってくれた方がマシだった(本人がそう意識していたか、いなかったに関わらず)

 

 たとえ、延滞税や加算税でもう一枚、余計に爪を剥がされるとしても。

 

 記者会見で彼は「これからは、あらためて納税に対する意識、仕事のこと、自分自身のこと、しっかりと見つめ直していきたいと思っております」と述べていましたが、個人的には納税の痛みを味わわなくて済むように、信頼できる税理士に丸投げしてしまうか、吉本興行からの給料制にしてもらって、税金を天引きしてもらうほうが、彼自身のためにはよいように思えます。

 

 さて、こう考えていくと、徳井さんは確かに納税を怠りましたが、それは彼の弱さの表れであり、社会に対しての害は少なく、税金のシステムと彼の性格の相性の悪さの結果ということもでき、最も害を受けたのが彼自身であったということもできると思います。

 

 ですから、これ以上、彼を倫理的に追い詰める必要をぼくは感じません。税金の問題では、もっと社会が追い詰めるべき、弱い人ではなく、社会的にも強く、社会的にも悪い人がいるのですから。

 

 それは誰か?それはタックスヘイブンを利用した本当のお金持ちたちです。

 

 徳井さんなどとは比べようもない超お金持ちたちです。タックスヘイブンの利用者名簿であるパラダイス文書に名前が挙がった、あのドラゴンボール鳥山明さんや総理経験者でもある鳩山由紀夫さんです。

 

 ここでは大人から子供まで誰でも知っているという点で鳥山明さんに矢面に立ってもらいます。(ぼくは作者が罪を犯しても作品の価値は変わらないという考えの人間ですので、芸能人が覚せい剤をやったからと言って出演作が店舗から消える現象を理解できません、ですから、ドラゴンボールは素晴らしい作品ですし、今までもこれからも大好きです)

 

 鳥山明さんはタックスヘイブンに関連する文書、パラダイス文書に名前が挙がった際には、「日々多忙のため、税務面はおまかせにしていますのでお話しできることはありません」というコメントで済ませています。

www.huffingtonpost.jp

 

 もし、鳥山明氏がタックスヘイブンでの租税回避を"良し"としないのであれば、税務面で任せている組織なり、個人を解雇し、自分の意志を明確にすべきではないでしょうか?

 

 徳井さんの「無知」は許されず、より巨額で組織的なタックスヘイブンを利用して税金を免れた鳥山明さんの「忙しいのでわかりません」が許されるのはどういう倫理の逆転でしょう?タックスヘイブンを利用し租税回避をするような組織に税務を依頼したということは法的には罪に問えなくても、倫理的には無罪なのでしょうか?

 

 罪に問えないことと、無罪であるということは違います。

 

 徳井さんは実際に査察を受け、追徴や延滞税を支払っています。つまり、罪はすでに償っているのです。それでも倫理的な問題から番組を下ろされるなどの追及が続いています。

 

 しかし、鳥山さんの場合は法的には罪がない(罪がないというよりタックスヘイブンに日本の法が及ばないというだけ)かもしれませんが、法的に罪を問えない以上、より一層倫理的な罪は重いと言えるのではないでしょうか?

 

 しかも、鳥山さんの場合はタックスヘイブンを利用しているのが発覚しても、なんのデメリットもないという結果は社会的にも大きな害悪をもたらします。

 

 つまり発覚しても罪に問われないのであれば多くの追従者を産むことになります。ぼく自身も、恐らくはなにかの拍子に多額の金を手に入れたら、タックスヘイブンの利用を考えるでしょう(笑)。何しろ発覚しても法的にも、倫理的にもなんのお咎めもないのですから。

 

 つまり倫理面で追求すべきは、延滞税を払い、追徴金を払った徳井さんではなく、何のお咎めも受けなかった鳥山明さんなのではないでしょうか?

 

 ただ、できることと言えば、世論を喚起することぐらいで、実際、経済的に鳥山さんにダメージがいくことはないでしょうが、世論がタックスヘイブンの利用は許さないという意思を示せば、少なくとも人気商売の人間は、法的にはタックスヘイブンの利用が罪に問えないとしても、利用を躊躇させることができるのではないでしょうか?

 

 他にも漫画家では、いがらしゆみこさん、音楽では小室哲哉さんの名前も、別のタックスヘイブンの関連文書パナマ文書に上がっています。

www.huffingtonpost.jp

 

 別に漫画家に恨みがあるわけではありません(笑)。誰も知っている名前なので上げさせて貰っているだけです。

 

 そして、先日、ソフトバンク法人税を払っていないというニュースが、ネット上を駆け巡りました。

headlines.yahoo.co.jp

 

 さらにはトヨタ自動車にも過去にそのような事例があったというニュースもありました。

www.mag2.com

 

 税金に関する法律が複雑化した結果、それを上手に利用できる者は合法的に税を回避し、さらにタックスヘイブンなど、世界を股に掛けた灰色の租税回避が広まって、いつの間にか、税金そのものが、税金をまぬがれる知恵の無い愚か者だけに課せられた"愚者税"とでも言うべき姿を変えつつあるように感じます。

 

 君が納税しなくてはならないのは、節税のプロに頼むお金がなく、税金のシステムを理解する知恵も無いからだと言われているような気がするのは僕だけでしょうか?