目次だけでも読んでいって下さい

読書は孤独です。同じ本を読んだ人はコメントくれると嬉しいです。

『無銭経済宣言――お金を使わずに生きる方法』書評・目次・感想・評価

44文字×18行×482ページ=381,744文字
図表や改行分を計算に入れて3/4を掛けると=286,308文字
日本人の平均的読書スピードを毎分600文字として477.18分
平均的な読者で

読了まで7時間57分

 この本の著者はヴィーガンです。
 ベジタリアンよりさらに限定された食生活を送る人々で、肉や魚だけでなく乳製品や蜂蜜も取らない人です。
 著者は環境問題に置いて悲観的で、問題解決の答えは中世の村社会(はっきり書いていませんが)にあると考えているようで懐古主義的で賛同できません。
 答えは常に前にあります。
 テクノロジーを手放して人類の未来が開けるなんてありえません。
 個人的には人々が半歩ずつ、良い方向に進めば世界の問題は解決すると思っている楽観主義者なので、その辺からもちょっと著者の思想にはついていけない部分も多いです。
 それでも貨幣経済とはもっと距離を取った方が人は幸せになれるという思いは賛同できるので、興味深く読めました。

【『無銭経済宣言――お金を使わずに生きる方法』目次と読書メモ】


<<用例>>
太字 もくじの写し
要約 内容の要約(ただし恣意的です)
引用 気になった部分をメモとして引用しています(最後に引用ページを記載)
名言 気になった名言をピックアップしてメモ
小話 後で人に話したくなるような内容をメモ
^_^  一読者としての意見・感想(笑顔ですが読者の感情ではありません)


序文 チャールズ・アイゼンスタイン
はじめに
 
名言
「お金を持たずに生きている」といったところで大して意味は無い。「サンタクロースを信じないで生きている」と言うようなもの。ただ、誰もがサンタクロースを信じている世界では、サンタクロースを否定するだけでも、常軌を逸した人間だと思われるだろう。(ダニエル・スエロ) ページ20
 
おかしなことに、我々大人はお金に養ってもらっていると勘違いしているが、実は(人間もその一部である)自然界に養われているのだ。ページ20
 
Part1 理想編
Chapter1 カネと言う幻想
    カネなし思想と自己幻想
    カネの文化
    時はカネならず
    本物のコミュニティには相互依存が必要
    消費する物との断絶
    個人・社会・生態系・経済にカネが与える影響
    <規模の経済>とカネの結びつき
    <分業>とカネの結びつき
    カネのもたらすムダ
    価値の保存が生み出す圧倒的格差
    売買と贈与のちがいは売春とセックスのちがい
    新しい物語を選ぶときはいま
 
われわれは、「最後の木が死に、最後の川が毒され、最後の魚をつかまえたときになって初めて、お金を食べられないことに気づく」らしい。ページ33
 
名言
人は(中略)お金を稼ぐために健康を犠牲にしたかと思うと、お金をかけて健康取り戻そうとする。また、将来の心配ばかりして現在を楽しもうとしない。そういう人は結局、現在も将来も生きてなどいないのだ。あたかも死ぬことなどないように生き、本当の意味で生きることなく死んでいく。(ダライ・ラマ)ページ45
 
紹介書籍「ピダハンー「言語本能」を超える文化と世界観」

 

ピダハン―― 「言語本能」を超える文化と世界観

ピダハン―― 「言語本能」を超える文化と世界観

 

 

紹介書籍「負債と報いー豊かさの影」

 

負債と報い――豊かさの影

負債と報い――豊かさの影

 

 

紹介書籍「市民の反抗 他五編」

 

市民の反抗―他五篇 (岩波文庫)

市民の反抗―他五篇 (岩波文庫)

 

 

^_^ この章では著者は村社会に基づく相互依存の社会に戻ろうと述べているように思える。若干の懐古主義も垣間見える。
僕個人としては人類は常に良くなってきていると考えているから解雇主義には同意できない。
絶対的な貧困は確実に減少している。だからこそ相対的貧困などと言う新しい言葉が生まれてきた訳で。
僕個人としてはあらゆる問題の解決方法は進むことで得られると考えているのでテクノロジーを否定する著者とは意見が合わない。
貧困も自然破壊もテクノロジーが解決すると思っている。
一方で過剰なお金に対する崇拝を否定する部分には賛同できる。
もっともっととやりたくもない仕事をして、もっともっとと要らないものを欲しいと思い込まされて買う。まったく人生の無駄遣いだと常々思っているので、お金からもう少し距離をとったほうがいいという考えはある。ただ、著者は過激すぎるし、後ろ向きすぎる。世界は確実に良くなっているのだから。
 
Chapter2 カネなしの選択肢
無銭経済とは
無銭経済の定義/贈与経済/100%ローカル経済/資源ベース経済/ペイフォワード
コラム・贈与経済の実例
 
紹介書籍「懐かしい未来

 

懐かしい未来 ラダックから学ぶ (懐かしい未来の本)

懐かしい未来 ラダックから学ぶ (懐かしい未来の本)

 

 

紹介書籍「マジックキングダム 落ちぶれて」

 

マジック・キングダムで落ちぶれて (ハヤカワ文庫SF)

マジック・キングダムで落ちぶれて (ハヤカワ文庫SF)

 

 

紹介書籍「人類の上昇」
 
Chapter3 理念の進化(POP)モデル
 
紹介文書「内なる平和への歩み」
 
紹介書籍「スエロは洞窟で暮らすことにした」

 

スエロは洞窟で暮らすことにした

スエロは洞窟で暮らすことにした

 

 

紹介書籍「終わりなき旅」(サティシュ・クマール)
 
紹介書籍「太陽のヒッチハイカー」
 
紹介映画「お金なしで生きる」
 
紹介書籍「食費はただ、家賃も0円!お金なしで生きるなんて本当は簡単」

 

食費はただ、家賃も0円!お金なしで生きるなんてホントは簡単

食費はただ、家賃も0円!お金なしで生きるなんてホントは簡単

  • 作者: ハイデマリーシュヴェルマー,Heidemarie Schwermer,原田千絵
  • 出版社/メーカー: アーティストハウスパブリッシャーズ
  • 発売日: 2003/08
  • メディア: 単行本
  • クリック: 71回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 

Chapter4 課題と移行策
 
名言
朝起きて夜寝るまでの間に本当にしたいことをしている人が成功者だ (ボブ・ディラン)ページ121
 
紹介書籍「自分の力を見つけよう」
 
紹介書籍「アクティブ・ホープ

 

アクティブ・ホープ

アクティブ・ホープ

 

 

名言
多くの人が、そろりそろりと人生を歩んでいく。用心に用心を重ね、何事もなく死にたどり着けるように(ジャーメイン・エヴァンス)
 
Part2 実践編
Chapter5 働きかたと物品の入手
 
紹介書籍「最新SASサバイバル・ハンドブック」

 

最新SASサバイバル・ハンドブック

最新SASサバイバル・ハンドブック

 

 

Chapter6 土地
 
紹介書籍「パーマカルチャーー農的暮らしを実現するための12の原則」

 

 

パーマカルチャー(上巻) ――農的暮らしを実現するための12の原理

パーマカルチャー(上巻) ――農的暮らしを実現するための12の原理

 

 

 Chapter7 住居

 
紹介書籍「シェルター」(ロイド・カーン)

 

シェルター

シェルター

 

 

紹介書籍「ホームワークー家を建てたくなる力がわく」
 
Chapter8 食べものと水
 
畑を簡単に管理するには一年生植物より多年生植物の方が効率が良い。
 
Chapter9 清潔と衛生
 
Chapter10 移動手段と旅の宿
 
名言
腐りゆく俺の骸がビャクシンの木の根やハゲワシの翼の栄養となるなら、十分にするだけで俺は永遠の命を得る。人間にとってそれ以上は望むべくもない。(エドワード・アビー)ページ322
 
紹介書籍「ぼくはお金を使わずに生きることにした」

 

ぼくはお金を使わずに生きることにした

ぼくはお金を使わずに生きることにした

 

 

カウチサーフィン
ウォームシャワー
ホスピタリティクラブ
グローバル・フリーローダー
サーバス
スティ・フォー・フリー
 
Chapter11 オフグリッドの生活
 
Chapter12 教育
 
紹介書籍「脱学校の社会」

 

脱学校の社会 (現代社会科学叢書)

脱学校の社会 (現代社会科学叢書)

 

 

紹介書籍「あなたの子供には自然が足りない」

 

あなたの子どもには自然が足りない

あなたの子どもには自然が足りない

 

 

紹介書籍「教室の戦略ー子供たちはどうして落ちこぼれるか」
 
紹介書籍「学習の戦略ー子供たちはいかに学ぶか」
 
Chapter13 健康とセックス
 
紹介書籍「脱病院化社会ー医療の限界」

 

脱病院化社会―医療の限界 (晶文社クラシックス)

脱病院化社会―医療の限界 (晶文社クラシックス)

 

 

紹介書籍「欲望の植物誌ー人をあやつる4つの植物」

 

欲望の植物誌―人をあやつる4つの植物

欲望の植物誌―人をあやつる4つの植物

 

 

Chapter14 衣類と寝具
 
Chapter15 娯楽
 
名言
時間を売ってカネにしない私は「おかしい」と言われるが、私の時間に値札がついていると考える人の方がおかしい。(カリール・ジブラーン)
 
トップ・ドキュメンタリー・フィルム
 
フィルム・フォー・アクション
 
名言
創造性は制約を要求する。創造的行為とは、制約を課す存在に対抗する人類の努力から生まれるものだから(ロロ・メイ 心理学者)
 
Chapter16 はじまりはすぐそこに

 

 

『競争優位で勝つ統計学 ---わずかな差を大きな勝利に変える方法』書評・目次・感想・評価

45文字×18行×306ページ=247,860文字
図表や改行分を計算に入れて3/4を掛けると=185,895文字
日本人の平均的読書スピードを毎分600文字として310分
平均的な読者で

読了まで5時間10分

【『競争優位で勝つ統計学 ---わずかな差を大きな勝利に変える方法』目次と読書メモ】


<<用例>>
太字 もくじの写し
要約 内容の要約(ただし恣意的です)
引用 気になった部分をメモとして引用しています(最後に引用ページを記載)
名言 気になった名言をピックアップしてメモ
小話 後で人に話したくなるような内容をメモ
^_^  一読者としての意見・感想(笑顔ですが読者の感情ではありません)

 

 
紹介書籍「日はまた昇る

 

日はまた昇る (新潮文庫)

日はまた昇る (新潮文庫)

 

 


紹介書籍「ラス・ヴェガスをブッつぶせ!」

 

ラス・ヴェガスをブッつぶせ!

ラス・ヴェガスをブッつぶせ!

 

 

第一章 統計学と言う宗教ー統計上の優位を信じ、偏差を恐れない
 
必要なのは信頼できるシステム、そしてそれを信じる信念、そして偏差に耐えられるだけの資金。
 
第2章 データ主導型の意思決定ー「過去」を正しく読む
 
紹介書籍「ディーラーをやっつけろ!」

 

ディーラーをやっつけろ! (ウィザードブックシリーズ (109))

ディーラーをやっつけろ! (ウィザードブックシリーズ (109))

  • 作者: エドワード・O・ソープ,増田丞美,宮崎三瑛
  • 出版社/メーカー: パンローリング
  • 発売日: 2006/10/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 17人 クリック: 125回
  • この商品を含むブログ (7件) を見る
 

 

紹介書籍「マネーボール
引用
カードカウンティングから得た根本的な教訓をまとめておこう。データは重要であり、組織はそれを肝に銘じて前進しなければならない。意思決定は必ずデータに基づいて行うこと。考えられるあらゆる状況でデータの利用を試みること。データ重視の文化を築くことであなたは以前なら思いもよらなかった問いを発し、それに対する答えを得ることになるだろう。
人生においても、ビジネスにおいても、自らの優位性を確立しようと思うなら、自分が利用できる過去のデータは何かを考えるべきだ。きっと、不安を見過ごして利用していない情報が見つかるだろう。ページ61
 
第3章 バイアスにとらわれないー予測力のあるデータを探す
 
第4章 正しい問いを発するー意思決定の第一歩
 
第5章 ツキは存在するかーホットサンド理論の真偽
 
第6章 偽統計学に惑わされない
 
第7章 最悪の事態を想定する
 
名言
市場はあなたや私が支払い能力を維持できる期間よりもはるかに長く不合理な状態を保つことがある(ジョン・メイナード・ケインズ) ページ173
 
紹介書籍「天才たちの誤算」

 

天才たちの誤算―ドキュメントLTCM破綻

天才たちの誤算―ドキュメントLTCM破綻

 

 

ロングタームがポジションを投げ売りするのを見越して、他のファンドを我先にと売りに転じた。ページ174
 
^_^ まさに弱肉強食。
 
第8章 結果で決断をしないー「正しい決断」とは何か
 
きわどいゲームを強いられることもあるが、私たちは勝者の側にいる。勝つつもりでプレイしろ。負けるかもしれないと恐れるな。なぜなら負けは必ずつきまとう。しかもしょっちゅうだ ページ188
 
^_^ 確率的に分があるなら、躊躇してはいけない。わかっていてもこれはとても難しい。
 
紹介書籍「リスクー神々への反逆」

 

リスク〈上〉―神々への反逆 (日経ビジネス人文庫)

リスク〈上〉―神々への反逆 (日経ビジネス人文庫)

 

 

名言
処世術からすれば、世間で評価を得るには、型破りな方法で成功するより、一般的な方法で失敗した方が良いと言うことになる(ジョン・メイナード・ケインズ)ページ205
 
第9章 個人の勝利はチームの勝利ー正しい決断を導くインセンティブ
 
組織の目標と個人の目標を一致させるインセンティブの形式を模索する必要がある。
 
第10章 統計嫌いの人に対処するには
 
ビジネスや人生にデータ分析を取り入れるプロセスを、数学や数字を操作することと考えてはいけない。あくまでも意思決定のための新たな手段と認識すべきだ。データ分析とは、より多くの情報を体系的に組み入れ、客観的に設定を行い、結果として多くの勝利を呼び込むための最適な手段である。ページ248
 
第11章 「直感」は過去のデータに基づく
 
紹介書籍「ジャック・ウェルチ 我が経営」

 

ジャック・ウェルチ わが経営 <下>

ジャック・ウェルチ わが経営 <下>

 

 

世の中にブラックジャックのように全てがデータに基づいて計測できるような事柄はほとんどない。現実は様々な要素が複雑に絡みあい成り立っている。そこで人は直感に頼る。直感はただの直感ではなく過去のデータに基づいた直感。データを把握した上での直感とでもいうべきだろうか?
 
エピローグ

『脳が壊れた (新潮新書)』書評・目次・感想・評価

読了まで約2時間55分 

 僥倖……。
 カイジが、藤井聡太さんが口にしたこの言葉を著者は脳梗塞で高次脳障害になってしまったことに対して言ってのけたのです。
 高次脳障害という、この周囲に分かりづらい障害を、プロのライターが、たまたま若くして患い、たまたま仕事に復帰できる程度に軽く、それでいて十分に苦しみ、たまたま言語野を失わなかったことでこの本を我々は読むことができるようになったわけで、これは確かに僥倖……と言えるかもしれません。
 著者がその状況を言語化してくれて、我々が読むことができる。この幸運を是非、多くの人に味わってもらいたいと思います。
 我々はいつも自分の脳で健常者は特に健常な脳で世界を見て、他人も同じものを見て感じていると誤解しがちです。
 しかし、同じものを見ている人は一人もいないということをこの本は思い出させてくれるとともに、さらに言えば明日の自分が今日の自分と同じように世界を見ることができるとは限らないのです。
 誰もが明日、事故や血栓などで脳障害を負わないとも限らないのですから。
 そう考えると世間は違って見えます。怒りっぽい人、レジでまごまごしている人、信号を守れない人、我々が見て思う問題のある人は我々とは違う脳で違う世界を見ているのかもしれないのです。
 そして、視野が少し広がったような気がするとともに少し優しくなれるような気がするのです。
 奇跡の本というものがあるというならばこの本のことをいうのだと思います。
 是非、できるだけ多くの人にこの僥倖……を味わってもらいたいそう思います。

【『脳が壊れた (新潮新書)』目次と読書メモ】


<<用例>>
太字 もくじの写し
要約 内容の要約(ただし恣意的です)
引用 気になった部分をメモとして引用しています(最後に引用ページを記載)
名言 気になった名言をピックアップしてメモ
小話 後で人に話したくなるような内容をメモ
^_^  一読者としての意見・感想(笑顔ですが読者の感情ではありません)

 

脳が壊れた (新潮新書)
 
まえがき
 
わかってもらえない弱者の声を取材する人が、わかってもらえない弱者になったという僥倖。
 
^_^ これを僥倖というのは不謹慎とも言えるが確かに僥倖。こうしてそれを読める我々にとっても。
 
第1章 どうやら脳がまずいことになったようだ
2015年初夏の消防団
奪われてしまう宝物
「過労死するどー」
離脱する魂
 
^_^ 脳梗塞の予兆はたくさんあったわけだが、あえて観ないようにする気持ちもわからないではない。痺れに注意だ。
 
第二章 排便紳士と全裸の義母
トイレの個室に現れた老紳士
変質者になった僕
片輪走行の脳
 
第三章 リハビリは感動の嵐だった
念動力の感覚
リハビリとはくじ引きである
やればやっただけ回復する
脳細胞は助け合う
本が読めない
 
リハビリはくじ引き。動かしたい部分につながっている紐を探り当て覚える作業。
 
第4章 リハビリ医療のポテンシャル
発達の再体験・追体験
発達障害は生まれつきなのだろうか
リハビリと高齢者の群れ
リハビリスタッフのポテンシャル
彼女たちの事情
リハビリのスキルに光を
 
^_^ 読めば読むほど自分が恵まれていると感じる。世の中には障害者としては認められていないが一般人として生きていくにはやや足りない人々がいて自分や社会に苛立ちを募らせながら生きているのだ。著者が述べる、リハビリを老人だけのものではなくそのような人々にも届けるべきではないかと言う考えには大いに賛成ではある。世においてほとんどの犯罪は割に合わない(ハイレベルな知能犯や経済犯は別、それでも本当に優秀ならば塀の内側に落ちたりはしない)まともに算盤勘定ができる人ならば犯罪を起こさないのだ。つまり世の多くの犯罪者は障害者である可能性が高い。その障害を克服するための方法リハビリが持っているならそれを生かさない手は無いだろう。病名が必要ならば医者が病名をつけてやればいい。しかしその一方でリハビリは障害を受けてから半年程度しか大きく回復しないと言う記述もあったので、多くの犯罪者たちはリハビリでは回復しないのかもしれない。悩ましい。どちらにしても、この国はもっと子供にお金を使っても良いと感じる。
 
第5章「小学生脳」の持ち主として暮らす
記者廃業か
道路が渡れない
「妻の罵声」リハビリ
妻の世界が見えてきた
小学生脳
ロボットと人間の差
「不自由なこと探し」は難しい
 
収穫物をブロック塀の上に並べる僕を、出勤してきた病院職員たちは奇異の目で見ていく。ふふふ、「大人め」、この楽しさ、この好奇心に溢れた視野、貴様らの現場の脳みそではわかるまいよ。実は、選ばれし小学生脳! ページ96
 
第六章 感情が暴走して止まらない
構音障害
目の前にデギン登場
笑いが止まらなくなる
中二病女子的症状
巨大な感情のパワー
 
第七章 本当の地獄は退院後にあった
見た目は健常者でも
大きすぎる感情は言語化できない
泣きたいだけ泣くと
恐怖のNHK集金員
 
脳梗塞による後遺症は発症からおよそ6ヶ月で症状が固定(リハビリしても回復が期待できない)と言われ、リハビリ医療に健康保険が適用されるのもこの6ヶ月まで。この間2秒前のパフォーマンスに最大限近づけるべく、リハビリの療法士の先生たちが全力でサポートしてくれる。ページ126
 
^_^ そうなの?6ヶ月以降は健康保険効かないの?驚き。
 
第八章 原因は僕自身だった
なぜ俺が
上がり続ける血圧
僕と妻の16年間
めんどくさい人は愛らしい
妻の発病
生還
「家事をしなくていい」
背負い込むと無理が生まれる
優しさの質

人の力は限定的で、1人の人間が全力をかけても救えるのはたった1人の人間でしかない ページ163 
 
「人と物に頼りなさい」
「家事は分担するものだけど、やらせるじゃなくてお願いする」
「頼んだ火事の仕上がりには絶対文句を言わないのが基本ルール」
「夫婦でお互いにゆずれないモノを出し合って、お互いにそれを許容する契約を結びなさい」
僕の性格が「以上」の域に入っていることを、はっきりと彼女が口にしてくれたことで、僕は自制を含めて今後再発予防のためにすべきことに立ち向かうことができたと思う。ページ181
 
^_^ 自分を甘やかす、愛する人を甘やかす。二人で甘ったれて暮らす。そうありたい。
 
第9章 性格と身体をかえることにした
家事の分担を決める
退院後の1日
身体の改善
元アスリートはタチが悪い
BPMランの導入
我慢しないダイエット
 
音楽のBPM継続はウェブ上に無料の計測サービスがあるので、お気に入りの曲のBPMを測って携帯音楽プレーヤーに突っ込んでおけば、ビーピーエムランニングはすぐにでも始められる。ページ200
 
^_^ ここでも走れと言われてる。走るか。チャリか?
 
第10章 生きていく上での応援団を考える
平和である
人の縁と言うネット
応援団を持つ
見栄とプライド
父への手紙
黙って行動を
 
「貧乏と貧困は違う」と言う言説。同じ低所得でも、身近な人の縁に包まれてワイワイと楽しく生きている人々は貧乏であって、クオリティーオブライフは決して低くない。そうした支えを失って孤独と混乱の中で抜け出せない苦痛を味わい続けている状態が貧困で、生きていることを諦めたくなるほどにクオリティーオブライフは低い。ページ208
 
紹介書籍「その後の不自由ー「嵐」の後を生きる人たち」
 

 

その後の不自由―「嵐」のあとを生きる人たち (シリーズ ケアをひらく)

その後の不自由―「嵐」のあとを生きる人たち (シリーズ ケアをひらく)

 

 

様々な距離感のところに自分の応援団を持とう ページ210
 
「いろいろな距離感に自分の応援団」を持つためには、様々な人との付き合いや様々な場面の中で、少しずつでもきちんとだめな自分をさらけ出していくことが重要と言う事かもしれない。困窮者のセイフティーネットとなる資産=人の縁とは、血縁が切れているかどうかといった単純なものではなく、「この人になら頼りたい」と当事者が思える応援団を作ること。しかも複数作っておくことが最も重要なことなのだろう。ページ214
 
鈴木妻から読者の皆さんへ
 
あとがき
 
僕らはもう1人では生きてはいけません。ひとりでいる事は、私に直結するリスクです。だからめんどくさくても、何を言っているのか分からなくても、そばにいて、壊れてしまった自分を許容してくれる誰かが必要なのです。ページ233

『南極一号伝説』書評・目次・感想・評価