目次だけでも読んでいって下さい

読書は孤独です。同じ本を読んだ人はコメントくれると嬉しいです。

書評・目次・感想・評価『元Google AdSense担当が教える 本当に稼げるGoogle AdSense 収益・集客が1.5倍UPするプロの技60』

本当に稼げるGoogle AdSense

本当に稼げるGoogle AdSense

  • 作者:石田健介/河井大志
  • 出版社:ソーテック社
  • 発売日: 2018年01月19日

78点

読了まで2時間半

中級者向け

【Q1】どんな人に薦めたい?

 Googleアドセンスの運用においての注意事項を学びたい人。Googleアドセンスアカウント閉鎖が怖くて震えている人。

【Q2】何才ぐらいから読めるか?

 高校生ぐらいから読めると思います。

【Q3】立ち読みするならどこがお勧め?

「Chapter3 Adsenseの裏側を知って収益を改善させよう」がお勧め。

 Googleアドセンスの三大トラブルが「ポルノ・自己クリック・著作権侵害」だと学ぶことができる。

 またGoogleが公明性大な存在ではなく、利益を追求するアメリカの一企業でしかないことを思い出させてくれる。

【Q4】この本の強みは?

 なんといってもGoogleアドセンスの担当がその裏側を教えてくれる点が、他のGoogleアドセンス解説本とは違う強み。

 視点が違うと見え方が変わってくるという良い例。

【Q5】この本の弱みは?

 元Googleアドセンス担当が教えてくれるとなると、内部事情に詳しいもだけが知る裏ワザやグレーなテクニックなどを期待してしまうが、そのような内容は無い

 むしろ、ズルをすると必ずバレてアカウント閉鎖されてGoogleアドセンス使えなくなるよと脅される方向。

【『元Google AdSense担当が教える 本当に稼げるGoogle AdSense 収益・集客が1.5倍UPするプロの技60』目次】 

Chapter1 Adsenseの基本をおさえる
Chapter2 トップアフィリエイターと元Adsense担当が教える稼げるノウハウ
Chapter3 Adsenseの裏側を知って収益を改善させよう
Chapter4 広告主の考えを知ってAdsense運用に生かそう
 

元Google AdSense担当が教える 本当に稼げるGoogle AdSense 収益・集客が1.5倍UPするプロの技60 個人的イメージ

Google AdSense担当が教える 本当に稼げるGoogle AdSense 収益・集客が1.5倍UPするプロの技60 個人的イメージ

 

 
【『元Google AdSense担当が教える 本当に稼げるGoogle AdSense 収益・集客が1.5倍UPするプロの技60』極個人的読書メモ】

Chapter1 Adsenseの基本をおさえる

 
 自己クリックと児童ポルノは一発アカウント閉鎖の可能性が高いので特に注意すること。
 クロームで自己クリック回避用のツールバーが提供されている。
 2018年1月辺りから、無料ブログサイトのAdsense新規登録が通らなくなっている独自ドメインを取ってから申し込もう。
 他の広告を載せるのは問題ないが、多すぎると問題。また、他の広告がアダルトだと判断される場合もあるので注意。
 家族で見られるファミリーセーフが基本。
 Googleは広告主とユーザー優先。
 
!無料ブログで審査に挑戦できなくなっているのは知らなかった。他社広告のアダルトには気をつけよう!
 

Chapter2 トップアフィリエイターと元Adsense担当が教える稼げるノウハウ

 
 悩みの深いことほど、ユーザーは検索結果の下位まで見てくれる。
 アンケートをおこなってその結果でコンテンツを作るという手段も存在する。
 ツイッターは無料でアンケートできる。
記事に数字を入れるなど、読みたくなるタイトル作りを心がけよう。
平均的なクリック率は0.2%、クリック率0.5%を目指そう。0.5%になったら他のサイトを立ち上げ、クリック率0.5%のサイトを複数作ることを考えよう。
はてなブックマークは新着期限は約1日。
 
ツイッターの相互フォローを使ってフォロワーを増やし、アンケートをしてみたい、俺のサイトは悩みないなぁ!
 

Chapter3 Adsenseの裏側を知って収益を改善させよう

 
 Googleは縦割り組織。Googleの中の人がGoogleのサービスを横断的に知っているわけではない。
 Googleにしてみれば月100万稼いでいるサイトも大事にすべきお客さんではない。
 上客である超大手サイトには許されて、中小サイトには許されないということはたくさんある。
 Googleアドセンス運用で気をつけるべきはアダルト、自己クリック、著作権
 ユーチューブにあるからとサイトに載せても著作権違反ならポリシー違反。
 公営ギャンブルの広告も掲載されるようになった。ギャンブル系のサイトは収益率が高い。
 ギャンブル系のアドセンスはデフォルトではオフになっている。
 アダルトを伏字や隠語で回避しようとしても無駄。
 
Googleが公明正大はないということも忘れてはいけない。
ユーチューブの動画を載せて著作権違反、ユーチューブはお前んとこのサイトやないかーという気分。
そしてGoogleアドセンスに頼り切るのも危険だ。マネタイズは複数の路線が必要だよね!
 

Chapter4 広告主の考えを知ってAdsense運用に生かそう

 
 広告主はターゲットにマッチしたニッチなコンテンツを喜ぶ傾向がある。
 個人ターゲット広告が50%という印象。個人ターゲット広告は収益率が高いのでコンテンツにマッチしていない広告が表示されても気にしないこと。
 
!個人ターゲット広告が増えるということは、自身のサイトが収益の高い内容ではない場合でも、単価の高いクリックが発生する可能性があるということで、これはお金に繋がりにくいサイトを運営している人には朗報と言えるのではないだろうか?!