2章 考え方編01 人生で一番大切なもの

 あなたの人生で一番大切なものは何ですか?

 

 家族?夢?健康?時間?たまにお金という人もいますが、たいていの人はお金を一番にはしません。

 

 それなのに、世の中を見回すと多くの人がお金を一番大切なものと考えて行動しているように見えます。

 

 やりたくない仕事。毎日、長い時間をかけて通勤し、家族や自分のイベントよりも仕事優先。

 

 仕事を続けるために子供をつくることをためらう夫婦、子供を産んだらとにかく今度はできるだけ早く仕事に復帰する事を考えるお母さんたち。

 

 生まれてきた子供達も、お金持ちや安定した収入を得るために教育され、子供達がと夢を語れば大人たちはそれで食べていけないと苦い顔をする。

 

 世の中にお金ほど信仰されている存在はいません。キリスト教でも、イスラム教でも、仏教でも、ヒンズー教でも、無宗教でも、お金は欲しい。

 

 宗教や共産主義原理主義のテロリストたちですら、人を誘拐して身代金を要求してきます。

 

 世界はお金という宗教で統一されているといってもいいかも知れませんね。

 

 生きていくのにお金に必要なのは否定できません。

 

 しかし、お金を妄信するのではなくもお金との距離を適度にとることでより豊かなくらしができるのではないか?

 

 そんな風に私は思うのです。