目次だけでも読んでいって下さい

読書は孤独です。同じ本を読んだ人はコメントくれると嬉しいです。

『イラン人は面白すぎる! (光文社新書)』書評・目次・感想・評価

【Q1】どんな人にオススメ?

  最近よく見るイラン人の皆さんが気になっているあなた。イスラムと言えば戦争とテロだと思っているあなた。

【Q2】この本の弱みは?

  ギャグやブラックジョークが多いのでどこまでホントの話がわからないところもある。続編が出版されていないこと。せっかく面白かったのに。色々とイラン情勢が変わった今、改めて著者の見解を読みたい。

【Q3】この本の強みは?

  あちこちにブラックなギャグや下手なダジャレ満載でクスクス笑いながらも、イスラム世界について学ぶことができる貴重な一冊。

イラン人は面白すぎる! (光文社新書)

イラン人は面白すぎる! (光文社新書)



【著者・エマミ・シュン・サラミさんの気になるコントリスト】

 

youtu.be

 

youtu.be

【『イラン人は面白すぎる!』目次と読書メモ】

第1章 陽気なイスラム教 
 
 イスラム教の5大義務は、喜捨、礼拝、証言、巡礼、断食。
 喜捨 プロの物乞いがたくさんいて人によってはサラリーマンの5倍稼ぐ
 礼拝 きちんとやる人もいるが心の中でとかいういい加減な奴もいる。
 証言 何でもアラーのせいにする傾向あり。
 巡礼 巡礼スタンプラリーあり。ボールペンとか貰える。メッカ巡礼者は地域のヒーロー。
 断食 水もダメが厳しい。ラマダン中はみんなやたら顔を洗う。
 
^_^ イスラム教徒もいろいろだなぁと思う。まぁ、我々仏教徒もいろいろだし。我々はイスラム教徒といえばテロリストなどど画一的に見すぎているのだろう。

第2章 豚肉とラマダン 
 
 豚肉は美味い。
 最初は豚丼のタレだけしか食べられなかった。
 今はトンカツ屋で働いている。
 
^_^ 豚肉食っちゃってるし、筆者はイスラム教徒やめちゃってるのかな。

第3章 すべてはバザールと食卓にある 
 
 シーア派はお祈り三回。イラン
 スンニ派はお祈り五回。サウジアラビア、エジプトなど。
 
^_^ 3時間もかけて、親戚中が集まって食べる昼食は旨そう。ナンが20種類って。ナンすきなんですー。
 
 日本でもノンアルコールで酔う人がいるが、イランでは紅茶で酔っ払ったようになる人がたくさんいる。
 
^_^ ぼくも酒はあまり好きじゃないけど酒宴の席は嫌いじゃないなぁ。飲まなくても陽気になれる。
 
 夕食は家族だけでゆっくり食べる。ここで父や祖父が語ってくれる言葉は大切な宝石。
 
 「幸福を知りたければ難民になれ(中東のことわざ)」
 
 イラン人は嘘、いやホラが好き。
 
^_^ イランには日本が失ったものがあるなぁ。もちろん問題も多いがどちらも行き過ぎなんだろうなぁ。
 
第4章 中東の恋愛不毛地帯 
 
 コーランでは天国では美しい処女がかしずいてくれると書かれているがこれは女性には意味がない。
 
^_^ いやいや女性はほとんどレズかバイという説もあるから美処女がかしづいてくれたら喜ぶのでは?
 
 女性は欲深く、恩知らずである コーラン
 地獄を見渡すと、いたのはほとんど女だった コーラン
 
 男性は異教徒と結婚できるが、女性はゆるされない。
 
 中東女性はみんなチャドルを着ているため、子供は迷子になると大変。どれがお母さんだかすぐにわからなくなる。
 
^_^ 迷子の件は初耳だった。確かにみんながあの姿ではわからなくなる。
 
第5章 イランの罪と罰 
 
イスラム教における大罪
 
 姦通、殺人、棄教
 自殺、窃盗、人を騙す、飲酒、ギャンブル、利子、ウソ、業務放棄
 
 イランではシャリア法に基づき、すぐ死刑。死刑は年間300人。中国についで第2位。
 
 シャリア法に基づくと処女が罪を犯しても死刑にはならない。執行員が処女で無くして(つまり犯して)から死刑にする。
 
^_^ もはやこれは、、、言葉もない。法を絶対とするとおかしなことになる悪しき例だろう。それともそう考えるのは僕自身が曲がりなりにも民主国家で民主教育を受けてきたからだろうか?これが国家がやることだろうか?痛ましい。
 
 イランには東南アジアやアフリカからの移民も多く、キリスト教ユダヤ教など非イスラム教信者を差別する人はほとんどいない。
 
第6章 学校という名の階層社会 
 
 イランは公立なら小中学校は無料、高校大学もリーズナブルだが、家業を継ぐ子が多いため、進学率は低い。
 
 イランのナンは固く保存もきく。安いものなら20枚程度で1円程度で買える。ナンはバリエーション豊富で100種類以上、ナン専門学校があり、ナン学部がある大学もある。
 
 羊飼いの専門学校もあり、服飾専門学校ではお洒落なチャドルが作られている。

第7章 アラブの中のイラン 
 
 イスラム教はスンニ派は大勢。
 スンニ派コーランを忠実に。
 シーア派ムハンマドの娘婿のアリを信奉する一派。言わば分家。
 
 シーア派は狭義的にゆるいところがあり、一時婚や、心の中でお祈りなど、よく言えば臨機応変悪くいえば適当なところがあり、スンニ派の強硬派からは非難されている。
 
「明日の見えない貧しい生活をしている者にとっては一種の救いである宗教も、高層ビルの上階に住む者にとっては、単なる政治の道具に過ぎない。エマミ・シュン・サラミ」
 
 イランには偉大なるペルシャの末裔だという誇りがある。
 
^_^ ほんとうに勉強になった。続編はないの?
 
96点
2時間