2章 考え方編05 ベーシックインカム的生活と夢

 国民年金(額)の月額6万5000円で暮らすなんて、夢も希望もないと思う人がいるかも知れません。

 

 それは逆です。国民年金(額)で暮らせる人こそが夢を追うことができるのです。

 

 例えばあなたがウクレレが大好きで一日中ウクレレを弾いていたい。ウクレレで生計を立てたいと思っているとします。ではウクレレで一般的な生活ができるようになるでしょうか?

 

 おそらく簡単ではないでしょう。人にCDなどを買ってもらえるレベルにならないと月何十万ものお金は稼げません。

 

 しかし国民年金(額)生活者として必要な月額6万5000円ならどうでしょう?

 

 自宅でウクレレ教室の先生をやっては?YouTubeウクレレのレッスン動画をアップするのはどうでしょう?たくさん練習してショッピングセンターのイベントなどでウクレレ奏者として呼んでもらえるぐらいにはなれませんか?

 

 月6万5000円なら何とかなりそうな気がしませんか?稼げないうちは週休5日で週に2日、時給1000円で8時間働けば月6万5000円は稼げます。

 

 残りは思う存分、ウクレレを弾いて暮らせるのです。

 

 足りない分だけ働くのもありですし、ウクレレを続けているうちはウクレレ奏者として世に認められる可能性はあります。やめてしまえばそんな夢も消えて無くなります。

 

 やりたい事をあきらめて、やりたくもない仕事に忙殺されてどうにか人並みの生活費を稼ぐよりは、戦略的に生活費を抑えて、朝から晩までやりたい事をやって暮らした方が幸せだと思いませんか?